HOME OFIC HOME 会社案内 Company profile 事業所紹介 Network 製品情報 Product 採用情報 Recruit 関連会社 Group company リンク Link お問い合わせ Inquiry

要求性能別

耐超高温焼付き材料「OFP-G61T」

・試験要領
高周波誘導加熱装置にて 1000℃に加熱させた試験片①(ビレット想定)に、試験片②(圧延工具想定)を一定負荷で押し付けた状態で30秒間回転させ、試験後のTP表面状態を評価した。
・供試材
回転側 → OFP-G61T、圧延工具材
固定側 → SUS410
・試験温度
試験開始時、固定側1000℃、回転側700℃
・回転数
550rpm
・試験荷重
200kg (20kg/cm2)
・試験時間
30秒

適用実績例

鋼管圧延ピアサープラグ