HOME OFIC HOME 会社案内 Company profile 事業所紹介 Network 製品情報 Product 採用情報 Recruit 関連会社 Group company リンク Link お問い合わせ Inquiry

レーザークラッディング技術

炭化物複合合金表面改質  − 高機能表面改質技術 −

溶材として粉末を用いるPTA(粉体プラズマ溶接)やレーザークラッディングでは、様々な材料の組み合わせが可能です。しかしながら、例えばWC複合合金(マトリックスNi基合金:比重8g/cm3、WC:17g/cm3)のように比重差の大きい混合粉末材料を用いる場合、PTAでは肉盛層中のWCは偏りを持って分散してしまいます。レーザークラッディングでは、溶融池が小さく溶融凝固時間が短いので比重差の大きい材料でも、表層から均一に分散させることができます。

複合合金例

WC複合合金(30%WC) WC複合合金(50%WC) WC複合合金(70%WC)
NbC複合合金 Stellite No.6 Tribaloy T800

材料評価試験結果

ピンオンディスク摩耗試験

【試験条件】

(1)回転数
: 220rpm
(2)試験片
: 8mm角
(3)荷重
: 2.2kg
(4)面圧
: 3.4kgf/cm2
(5)エメリー番手
: #180
(6)状態
: 湿式
(7)温度
: 室温
(8)備考
: 5分毎に測定
試験方法模式図 肉盛材別摩耗量結果
大越式摩耗試験

【試験条件】

(1)相手材
: SUJ2(Hv750)
(2)荷重
: 12.75kg
(3)試験距離
: 200m
(4)潤滑剤
: 無し
(5)すべり速度
: 2m/s
試験方法模式図 肉盛材別摩耗量結果
WC合金肉盛層の縦方向硬度分布

大阪富士工業では、炭化物系の複合材の他にも様々な複合材の開発を進めています。また、これまでのPTA(粉体プラズマ溶接)の経験から、独自の開発合金を多種保有しており、使用される環境や求められる特性に合わせて最適な材料の御提案をいたします。