大阪富士工業株式会社 OFIC マグネシウム合金のことならLM事業部へ

マグネシウム合金の特性


マグネシウムは、軽いだけの金属ではありません。
他の金属にない様々な優れた性質を有した金属です。



比重

マグネシウム合金の特性:実用金属中最も軽い金属です。 純マグネシウムの比重は、実用金属中最も軽く、構造材料のAZ31が1.78、AZ91が1.82で、アルミニウムの2/3、チタンの1/3、鉄の1/4にあたります。

マグネシウムと鉄との比較
底辺:60×80mmブロックの比較
マグネシウム合金の特性:比強度が最大の金属です。 マグネシウム合金は、強度/比重で示される比強度が最大の金属です。
従来から、軽いと言うことで、マグネシウム合金は自動車部品や家電製品、コンピューター部品などで使われてきました。最近では、軽さの他にも金属の持つ放熱性や電磁波シールド性が注目され、薄型ノートパソコン等で盛んに使われています。



◆ 減衰能

マグネシウム合金の特性:減衰能に優れています。 材料が、耐久限度以下の応力サイクル(振動)を受けたときに、そのエネルギーを熱として吸収または消散させる能力を減衰能と言い、純Mg及びM1は、特にその能力に優れています。
振動を嫌うハードディスク、MD、CD等にマグネシウム合金は最適な材料です。またマグネシウム合金は、振動吸収性が良いので、自動車のホイールやステアリング等にも使用されています。
鋼球落下試験 マグネシウムとアルミニウムに鋼球を落下させてみると、アルミニウムでは鋼球が高く跳ね上がりいつまでも弾んでいるのに対し、マグネシウムでは跳ね上がる高さが低く直ぐに鋼球が鎮静します。
 Windows Media Player   Low | High
 Real Player       Low | High



◆ 安定した電磁波シールド性

マグネシウム合金の特性:安定したシールド効果を発揮します。 マグネシウム合金は、30〜200MHzの帯域で90〜100dBの安定したシールド効果を発揮します。
厳しくなる携帯電話などの限界値の帯域のカバーが可能です。パソコンやPDPからの電磁波遮断などにマグネシウム合金は最適です。



◆ 耐くぼみ性

マグネシウム合金の特性:耐くぼみ性に優れています。 マグネシウム合金は、加工硬化率が高く、物体が衝突した時に生じるくぼみは、アルミニウム合金や軟鋼に比べて小さい材料です。
携帯電話やデジタルカメラなど携帯する小型家電にマグネシウム合金は最適な材料です。



◆ 切削性

マグネシウム合金の特性:切削性が良好です。 マグネシウム合金は、切削抵抗が小さく、機械加工時間を短縮することで動力を節約し、工具寿命を延ばします。



◆ リサイクル性が高い

マグネシウム合金の特性:リサイクル性に優れています。 マグネシウムの再生に要するエネルギーは、初期材料製造時の5%程度です。
マグネシウム合金は、環境規制強化に適した材料です。



◆ 比熱が小さい

材料名 J/cm3・K マグネシウム合金は、比熱が小さく、加熱されやすく冷めやすい性質があります。またマグネシウム合金は、寸法安定性にも優れており、150℃ 100時間の加熱でも変化量は6×10-6と小さい特徴があります。
この特徴を生かした製品としてリフローパレットがあります。
マグネシウム 178
マグネ合金
(AZ31)
180
アルミニウム 241
アルミ合金
(6063)
242
SUS304 380
 
リフロー炉における各種パレット材の温度パターン
リフロー炉における各種パレット材の温度パターン



OFIC

Page Top