HOME OFIC HOME 会社案内 Company profile 事業所紹介 Network 製品情報 Product 採用情報 Recruit 関連会社 Group company リンク Link お問い合わせ Inquiry

レーザークラッディング 「新しい表面改質」の提案。

©2015 東京工科大学 菊池研・大久保研共同プロジェクト

レーザーを用いれば、低入熱、低希釈が実現できる。 不可能と思われていた素材、部品への表面改質の実現。これまでにない高品質な表面改質の実現。


EDXによるライン分析結果

ライン分析の結果からも、母材成分が肉盛層に希釈していないことが分かる。

従来のPTA(粉体プラズマ溶接)等の肉盛溶接では、熱源に10,000℃を超える強力な熱量を持つプラズマアークを用い、しかも移行型アークであるために母材自体からも発熱が生じ、母材の溶込みは避けることの出来ない問題であると共に、熱影響を受けやすい母材に対しての表面改質は困難とされてきました。そこで熱源としてレーザーを用いることにより、精密に入熱を制御することを可能とし、母材成分の希釈を抑え、熱影響を受けやすい母材に対しての表面改質にも成功しました。

お問い合わせ メールフォームはこちら